ペインクリニック医師による、ペインクリニック、神経ブロック等の相談室です

ペインクリニック・神経ブロック相談室



ペインクリニック相談室

神経ブロックと妊娠について  25歳女性

妊娠初期の神経ブロック

ステロイドでの治療について 25歳女性

神経ブロックによる治療 20歳女性

五十肩の治療は可能でしょうか? 47歳女性

全身の激痛 ペインクリニックで診療していただけるでしょうか 76歳女性

腰痛と膝痛で寝たきり 腰部の硬膜外ブロック 52歳女性

神経ブロックの後、重い痛みがある(下記相談の続き)

星状神経節ブロックについて教えてください 18歳女性

神経障害性疼痛の治療 68歳男性

神経ブロックの治療費について 30代

三叉神経痛とペインクリニック

星状神経節ブロックで意識を失った のども違和感がある31歳女性

麻酔科で対象になるような「術後疼痛」とは 20代女性

神経ブロック、顔面麻痺 59歳女性

胸部硬膜外ブロック、腎臓の結石での痛み 28歳男性

硬膜外麻酔、帝王切開後のしびれ 29歳女性

群発頭痛 45歳男性

特発性肋間神経痛 35歳男性

妊娠中からの痛み、なにしても直らない 34歳女性

RSDの治療について 22歳女性

ペインクリニックでの治療が不安 28歳女性

吐き気はペインクリニックで直りますか?27歳男性

耳鳴りとペインクリニック 65歳女性の相談

肋間ブロックについて 53歳女性の相談

1 神経ブロックと妊娠について  25歳女性

はじめまして・・三叉神経痛と診断され1年ほど前から首にブロック注射をしておりますが、いっこうによくなりません。
顎関節症も併発しており、痛みに耐える毎日です。
妊娠を希望しておりますが、妊娠中も神経ブロック注射を行っても大丈夫でしょうか?よろしくお願いします。


妊娠中の神経ブロックはステロイドなどが入っていると何らかの影響があり得ますが、通常は局所麻酔薬のみで行いますので、特に問題ないと思います。

▲UP

2 妊娠初期の神経ブロック

現在緊張型頭痛のため、ペインクリニックでSGBを受けています。
もう50回近く通って、首のこわばりとか痛みも減ってきたので、そろそろ病院通いも卒業出来るかと思っているところです。
そこで、そろそろ2人目の子供が欲しいのですが、妊娠初期で妊娠に気がつかない頃にSGBを受けていても問題はないのでしょうか?
すぐに妊娠出来るかもわからないため、なかなかかかりつけの先生に聞くのも躊躇しておりました。
宜しくお願いします。


SGBは妊娠・胎児に対して全く影響ございませんので、ご安心ください。

▲UP

3 ステロイドでの治療について 25歳女性

25歳女性です。2週間、歩いている時左腿の外側の上の付け根が外れるような違和感を感じ、徐々に頻度が上がってきて、突然足に「スジが違ったときの様な激痛」がはしるので病院で、Cuprofenという薬をもらいました。
最近左足腿にに加えて腰全体が継続的に痛くなり、痛みが右足に広がってきてたので専門病院へ行きました。レントゲンは異常なしでした。
次回ステロイドの注射を打つそうです。それでも痛みがとれなかったら、MRIで調べるとのことです。外国、英国の病院は初めてのため投与量や副作用についてなど心配です。身長は165cm体重はたぶん46キロなのですが、日本でのの投与量、及び内容はどれくらいなのでしょうか。
ステロイドは非常に強い薬と伺っております。
以前イブA錠で蕁麻疹が体中に出たことがあるので、注射を打つのはできれば避けたいのですが、何か他の治療方または、ステロイドに代わる注射がありますか。今まで腰痛や、足の病気はかかったことがありません。
痛お忙しいところ恐縮ですが、アドバイスお待ちしております。よろしくお願いします。


遠い異国でさぞかし御心配かとお察し致します。
ステロイドは痛みや炎症を取り除いたり、原因不明の免疫疾患など幅広く使用されている薬剤です。長期間の使用には副作用も多く、厳重な管理が必要となります。
しかし、腰痛や坐骨神経痛に使用する場合、極短期間と思いますので、ほとんど副作用は無いと思います。ステロイドの種類によって使用量は異なりますが注射で用いる場合も筋肉内、硬膜外、神経根など投与箇所によって異なります。
ベタメタゾンなら1~4mg プレドニンなら3~10mg メチルプレドニゾロンで20~40mgが一応、初回使用量かと思います。
最初にもらった薬は非ステロイド系の消炎鎮痛薬だと思います。ご不安でしょうがあまり御心配される事はないと思いますよ。

▲UP

4 神経ブロックによる治療 20歳女性

20歳の女です。
数ヶ月ほど前から、右の腰とお尻に鈍い痛みとだるさが出るようになり、整形外科でCTとMRIを撮ってもらいました。軽いヘルニアではないかと言われました。
痛みが我慢出来ないようなら神経ブロックと言われました。
我慢が出来ないほどの痛みではないのですが、
毎日、座るときなど、鈍い痛みに悩まされています。寝ると痛みは消えます。
不安になり調べた所、注射にも『神経ブロック』と『神経根ブロック』など色々あるようですが、素人なので分からず余計に不安が募ってしまいました。
先生にお聞きしたいことなんですが、神経ブロックと神経根ブロックというのは、同じものなのですか?
痛みが我慢できるのに、ブロック注射はどうなのでしょうか?


神経ブロックは百種類以上あり、神経根ブロックはその中の一種類です。
軽いヘルニアの場合、腰部硬膜外ブロック、仙骨硬膜外ブロック、トリガーブロック等が選択されます。
神経根ブロックは診断にも治療にも用いられ、大変有効なブロックの一種ですが、最初から行われることはまず無いと思います。
ブロックの後、3~6時間は経過観察が必要ですので、通常は外来では行われることは少なく、入院治療が多いと思います。

▲UP

5 五十肩の治療は可能でしょうか? 47歳女性

私の母(47才)は一ヶ月位前に転倒したのをきっかけに、右肩を痛めてしまいました。
病院では五十肩と診断されたそうです。
本人は老化現象なのでしょうがないと半ば諦め、毎日運動やマッサージをしています。
見ていてとても辛そうなので何か良い方法はないかと探しておりました。
貴クリニックでは五十肩の痛みをとることも可能ですか?


五十肩は急性期(疼痛性筋痙縮期)と慢性期(筋性拘縮期)に分けられます。
お母様は夜間の痛みが強くまだ急性期であまり強い運動は無理と思われます。
通常、五十肩の治療はまず肩、上肢の安静を保ち、肩甲上神経ブロックや薬物治療、肩峰下滑液包内や肩関節腔内注射、温熱療法などにて疼痛を軽減してからリハビリ運動を行います。
ただお母様の場合、転倒がきっかけとのことから、腱板の断裂の可能性もありそうですね。ご来院お待ちいたしております。

▲UP

6 全身の激痛 ペインクリニックで診療していただけるでしょうか 76歳女性

76才の母親についてご相談があります。
10数年前から、母親は全身の激痛に悩まされていました。
複数の病院で原因を調べてもらいましたが、結局のところ
原因の特定が出来ていません。
 痛み止めとしてボルタレン座薬やモルヒネ座薬を使っても母親の様子をみると痛みが緩和されたとは考えられません。効果がないようです。
 今は痛みに耐えられず、さらにモルヒネ座薬の長期間の服用で体力が弱まっているがゆえ、一日中寝たきりの状態です。
母親の痛みを少しでも改善できることができれば、全ては良い方向に進むと思い、何か有効な手掛りがないかといろいろ調べていたところ、貴クリニックのホームページを発見しました。母親は東村山市に住んでいます。
母親の診察を至急して頂けないでしょうか。


全身の痛みで、原因の特定が出来ていないとの事、十数年間大変なご苦労とお察しいたします。
通常、慢性痛は鎮痛薬や通常の神経ブロックでは効果が悪い場合が多く、現在もっとも有効とされている薬は、抗うつ薬かと思います。
いろいろなタイプの抗うつ薬が各社より出ております。
なにぶん実際に拝見いたしておりませんので詳しくは申し上げられません。もう少しくわしい症状を知りたいので、直接こちらまで、ご気軽にお電話下さい。

▲UP

7 腰痛と膝痛で寝たきり 腰部の硬膜外ブロック 52歳女性

52歳になる母が腰痛と膝痛で寝たきりで苦しんでいます。まず、去年の12月ごろから、変形性膝関節症になり、膝をかばい安静に5月まで自宅療養していました。
6月に入って、膝をかばい、腰を痛めました。
それから、痛みがひどくなるので、病院に検査入院しMRI、CT、血液検査をしましたが整形外科的、内科には異常はなく、小さな子宮筋腫が産婦人科でわかりました。
でもここまでの痛みはでないとのことで、また座薬と睡眠薬とさらに強いこう鬱薬がだされました。
しかし、通院や検査で、腰や膝はますます痛み、座薬などもききません。先生は原因がわからないので、治療もできないし、神経ブロックなどもやらないで自宅で療養するしかないといわれました。
母の神経的な疲労もかなり限界にきており、そちらのほうも心配です。これからどのようにしていけば良いのか教えて下さい。


苦しまれているお姿が眼に浮かぶようです。
ところで、腰部の硬膜外ブロックは受けられましたでしょうか?通常、このブロックは腰から下肢の痛みを消し去ることが出来ます。
もしこのブロックが効かない場合は、脊髄レベルから上の異常が考えられます。ブロックが全く効かない、かえって痛みが強くなるなどの症状が出る場合もあります。
拝見致しておりませんので何とも申し上げられませんが、一般的に、このような場合抗うつ薬と交感神経ブロックが治療の中心となります。抗うつ薬は気力を高めて積極性を出す薬です。
筋力・体力をつけて病気に打ち勝つ姿勢が大切とおもいます。
ご近所なら当院、遠方過ぎる場合もペインクリニックの受診をお勧め致します。  

▲UP

8 神経ブロックの後、重い痛みがある(下記相談の続き)

以前「初めて神経ブロックをされ怖い思いでした」と相談した、緊張型頭痛持ちの女性です。
病院でされました神経ブロックは、星状神経ブロックではなく、肩甲上神経ブロックと、頚椎にするものだそうです(詳しい名称はよく覚えていません)。
5回ほどしていただき、まだ強い疲労感やふわふわとした眩暈感はあるのですが、目の疲れ、頭重感、首肩こりはだいぶ楽になりました。
筋電図でもだいぶ緊張が緩んでいることが見えるそうです。
今回相談したいのが、その神経ブロック後のずーんとした重い痛みです。
緊張型頭痛が神経ブロック後数日とても酷くなる感じ、とでもいうのでしょうか。。その後はとても楽になります。
誰にでも、神経ブロック後の上記のような症状は起こりますか?注射された場所がただ痛むと言うわけではありません。頭、首が重くなるのです。
ご回答よろしくお願いします。


首の注射後に頭、首が重くなるのは麻酔薬が影響をおよぼす範囲の知覚神経、運動神経を遮断するため温痛覚が低下し、筋力も一部弱くなったためと考えられます。
交感神経も同時に遮断されますから、血流量がふえて通常やや腫れぼったい感じがします。首のブロックには頚神経の神経根またはその周辺を狙うもの、頚椎の関節、首の筋肉や筋膜を狙うもの、星状神経節ブロックのように交感神経を狙うもの、硬膜外ブロックのように知覚・交感神経>運動神経を狙うものなどありますが、個人差もありますが、いずれの場合もずんとした重みを感じる場合が多いと思いますが、不快感は少なくむしろ快感と感じる方が多いようです。

▲UP

9 星状神経節ブロックについて教えてください 18歳女性

18.女です。
他のペインクリニック、脳神経内科で見ていただいているものです。
ひどい緊張型頭痛としんだんされ、先日、神経ブロックをしていただきました。
その先生を、信頼していないわけではなく、少し不安があり他の先生のはなしを参考にさせていただきたいのです。
神経ブロックを首に2箇所、肩に2箇所されました。
首の一箇所は、同席していた親に言わせますと、3センチは針が入っていたそうで、場所が場所なので驚きました。初めてだったもので。

椅子に座ったままで、特に消毒をしていた感じもありませんでした。
肩には鈍く響くような痛みが走りましたが、心配になった、首(3センチ針を入れたところ)は無感覚でした。
その先生は、神経ブロックはお得意だそうですが、神経ブロック初心者の私は驚いてしまい、こちらで相談させていただきます。お願いします。


私自身30年前、学生時代に星状神経節ブロックを見て、何と恐ろしげな注射かと驚いたのを思い出します。
場所が首ですので恐怖に慄かれた様子が目に浮かびます。
しかし星状神経節ブロックはペインクリニックで最も適応範囲が広く、最も頻繁に行われており全神経ブロック中50%以上を占めております。ブロックの効果は、眼が細くなり瞼が垂れ下がる。瞳孔が縮小する。
白目が赤く充血する。鼻がつまる。涙が出る。
顔半分と上肢の汗がとまる。顔、上肢が温かくなるなどで確認できます。
確かに首への注射、針を刺す痛みは怖いと思いますが5歳児でも受けています。
ブロックの効果と恐怖を秤にかけてご自身で決断して下さい。
医師の選択は、日本ペインクリニック学会認定医であればまず安心です。加えて相性がよければ幸いです。
星状神経節ブロックはインターネットで「若杉文吉」と検索されれば詳しく説明されておりますので参考にしてブロック初心者から離脱して下さい。治療法選択の幅が広がると思います

▲UP

10 神経障害性疼痛の治療 68歳男性

68歳 男性
右頚動脈内膜剥離手術における医療ミスによる血管押圧後に起きた脳梗塞の後遺症
2002.2月12日手術を受けましたが、傷の痛みに適当な処置がなされなかったため、リハビリが遅れ、現在左手指麻痺、構音障害、左足全体に痛みあり。
特に左手は冷感強くかなりの痛さ。
ヮファリン、ボルタレン、ロキソニンなど鎮痛剤処方されるも、効果なし。
鍼灸に10回ほどかようも痛みはとれず、困り果てています。
だんだん痛みの範囲が広がって行くようでこのような痛みの場合ペインクリニックではどのような治療がきたいできるのでしょうか
お教えください。


診察いたしておりませんので、はっきりした事は申し上げられませんが、中枢性や神経障害性の痛みは、最も難渋する痛みです。
ペインクリニックでは星状神経節ブロックなど交感神経ブロックが最も多く用いられます。ただしワーファリンを使用中なので出血傾向のチェックが必要です。
かなり長期になると予測されますので、なるべく通院の楽な施設にて治療を受ける必要があります。
また、トフラニール、トレドミン、パキシルなどの抗うつ薬の使用は必須と考えます。 

▲UP

11 神経ブロックの治療費について 30代

はじめまして。30代の男性です。
現在、私は頭痛の治療で他の病院に通っています。
そこの病院で、緊張型頭痛と診断され、神経ブロックの治療を受けています。治療内容ですが、首のつけ根と肩の4か所にブロックをして、レントゲン、機械を使った呼吸の検査、筋電図(?)、尿検査、最後に点滴をします。
お薬は、3~4種類(筋肉をやわらかくする薬、他)がでます。(そこの病院は[自由診療]とのことです。)
一回の治療費が15000円前後かかり、10回ほど通っています。
症状は良くはなってきているのですが、治療費が高いので、もし少しでも安く済むのであれば、木下先生の所でお世話になりたいのですが、いかがのものでしょうか。
お返事お待ちしております。


確かに緊張型頭痛の診断名で星状神経節ブロックを行うと、浅頚神経叢ブロックやトリガーブロック等保険点数の低いブロックに査定される場合が多く困っているクリニックは多いと思います。
保険の審査員個人の考えや症状詳記の巧拙に左右されるのが現状です。
日本では自由診療と保険診療を混合して治療することは禁止されております。
診察致しておりませんので、はっきりとは申し上げられませんが当院では保険の範囲内での治療を心掛けております。

▲UP

12 三叉神経痛とペインクリニック

私47歳、娘23歳のことでご相談したいのですが私は20歳位から三叉神経痛になり先日は点滴を打つくらいの痛みがありました。娘も時折同じような痛みを持ちアレルギー性鼻炎も持っております。ペインクリニックのことを知り具体的にどのような治療になるのか知りたいと思いメールさせていただきました。痛みとしては頭部に集中し痛くなり始めはぴきぴきとした痛みで次第に顔がゆがむほどの痛みになります。痛み始めたタイミングで鎮痛剤を飲みますが、タイミングが悪いと痛みが長引きます。


通常、三叉神経痛は突発性の激痛で持続時間は数秒~数十秒と短く、同側顔面の紅潮、発汗、流涙、鼻汁、唾液分泌過多がみられ口角、上口唇、鼻翼などを不用意に触ったり、冷水を飲むなどで痛みが誘発されることが多いです。
治療はテグレトールの内服や三叉神経ブロックを行います。
三叉神経は?枝、?枝、?枝とあり、まずは該当する神経の末端から局所麻酔薬を用いてブロックします。
経過によりアルコールやフェノールを用いる場合もあります。
アルコールだと効果持続時間は六ヶ月~一年半ぐらい持続します。
三叉神経痛は血管が三叉神経根部を圧迫している為ですので、除圧を目的とした神経血管減圧術がおこなわれ約90%完治します。
文面からははっきりしませんが、群発頭痛か片頭痛のような印象も受けます。
ご気軽にご来院下さい。

▲UP

13 星状神経節ブロックで意識を失った のども違和感がある31歳女性

31歳、女性です。
今年の3月から10日~2週間に1度星状節神経ブロック注射をしています(両腕筋肉痛緩和のため)。
先日注射の最中に急に激しい耳鳴りとともに意識を失い、その間15分の酸素吸入と静脈注射(成分不明)等を受けました。
間もなく回復しましたが、注射部位とは違う場所ですが首の筋?が触ると痛みます。
常にのどに違和感もあります。
様子を見れば回復するのでしょうか?
また、このような事はしょっちゅう起こるものなのですか?


星状神経節ブロックで意識を失ったとのこと、おそらく局所麻酔薬が血管内に入り血中濃度が上がった為と推測されます。
このような場合、気道確保と極短時間作用の静脈麻酔薬やセルシンなどの静脈内投与が必要になります。
即ち、蘇生術をマスターした医師のみが行い得る手技なのです。
頻度は私の経験では、年間5~6000回の星状神経節ブロックを行う大学病院で2~3年に一回ぐらいです(当院では開院後8ヶ月でまだ1300回と数は少ないですが経験致しておりません)。
大学病院は教育機関なのでどうしても頻度が高くなります。
のどの違和感は繰り返す穿刺刺激や小出血によるもので時にしこりとなります。
しばらく他の治療法にかえて、穿刺部位を休ませますと自然に治癒します。
ブロック全般にわたる注意点は出血傾向が無いこと(血液疾患、抗凝固薬投与などに注意)・合併症が起こった場合迅速に対応できる事(当院では麻酔器、除細動機、各種モニター以外に酸素・エアー・吸引の設備が35坪の院内に6箇所あります。
使ったことはありませんが)・ブロック手技をマスターした医師を選ぶ事が大切です。

▲UP

14 麻酔科で対象になるような「術後疼痛」とは 20代女性

20代女性です。
麻酔科で対象になるような「術後疼痛」とは術後どれくらいたっても治らないものを言うのですか。

手術を受けて1年経ちますが、最近寒くなってきたせいか、傷や傷の周りの違和感や軽い痛みが気になってきました。
傷があるのは上腹部(こんな言葉あるのでしょうか)です。
術後半年の時点で、外科のドクターからは「メスを入れたことでどうしても神経が切れているから」(様子を見なさいという感じでした)と言われました。
いったん傷が出来たのだから、痛みが全くなくなることはないのかもしれませんが、こんな状態がいつまで続くのか不安です。
生活に支障のあるような痛みではないのですが、腹筋を使う(起きあがる、大笑いをするなど)時、ずっといすに座っていた後などに特に気になります。
麻酔科的に何か対処法があるものでしょうか


通常の術後疼痛は約1~2週間をいいます。痛みの程度にもよりますが通常は外科のドクターの言われる通り経過観察で軽快致します。術後1年とのこと創部付近の局所麻酔薬やステロイド注射、硬膜外ブロックが有効なこともあります。慢性疼痛として脊髄レベル、大脳レベルで痛みが記憶されてしまっている場合は坑うつ薬が主体となると思います。拝見致しておりませんので何とも言い難いのですが、幸い症状は軽いようですので、必ず治ると信じて、好きな事に熱中し忘却できれば幸いかと思います。

▲UP

15 神経ブロック、顔面麻痺 59歳女性

59歳の母の事です。
先日「ハント症候群」で入院しました。
1週間の点滴を終えて退院しましたが、神経ブロックを注射する為に、毎日通院するそうです。
退院の際、普通の生活に戻ってもいいです。と言われたようですが、まだ顔面麻痺の方は、全然完治していません。
仕事の方も、退院後10日程で職場に戻るそうです。
その仕事というのが1日中立ち仕事でかなりハードな仕事です。
その仕事場に通勤するにも車を運転しないといけないのですが、疲れやストレスからなる病気だと聞いていますが、そんなに早く仕事を始めたりして、大丈夫なのでしょうか?大変心配です。
また、顔面麻痺がひどくなるような事はないのでしょうか?
教えてください。


麻痺の程度、その他診察致しておりませんのでお答えは難しいのですが、まだ退院されたばかりで今後、星状神経節ブロックを受けられる予定なら改善は望めると思います。
ベル麻痺に比べて改善に時間がかかりますが、根気よく治療受ける必要があると思います。仕事の開始は主治医とよく相談してください。

▲UP

16 胸部硬膜外ブロック、腎臓の結石での痛み 28歳男性

28歳 男性です
昨年の11月ごろから左のわき腹から背中付近がひじょうに痛みだし、さらに呼吸をするのも困難なほどの痛みがおこるようになりました。
そのため、今年の2月の上旬と下旬の2度にかけて泌尿器科に入院をして腎臓結石の破砕をしました。
直径1センチほどの結石は完全に破砕されていましたので、しばらくすれば結石は排出されるので、左の腎臓の痛みは消えると思っていましたが、2ヶ月たっても腎臓の痛みと呼吸が困難な状態は改善されません。
また、自分の腎臓の形状は、生まれつき腎臓の出口付近の尿管が非常に細くなっているために、レントゲンで写らないほどの小さな結石が一時的に腎臓の出口に詰まることで痛みや痙攣がおきている可能性があると病院の先生がおっしゃっていました。

このような症状なのですが、自分のような腎臓の結石での痛みのような内臓での痛みもペインクリニックでは治療する方法はございますでしょうか。ご指導お願いします。


胸部硬膜外ブロックの適応かと思います。
このブロックにより痛みは消失し尿管の痙攣を抑え弛緩させるので微少結石の排出を促すとことが期待できるからです。
一回注入法では硬膜外ブロックの効果時間は長くても2.3時間ですから数日から1週間以上の微量持続注入法やPCA(痛い時自分の判断で一定量の薬剤を投与する方法)叉はその併用が良いと思います。
長時間痛みを抑え、利尿薬、多量の飲水などと併用すれば排出の可能性は高いと考えます。
常勤麻酔科医のいる病院で相談されては如何でしょうか。

▲UP

17 硬膜外麻酔、帝王切開後のしびれ 29歳女性

29歳女性です。昨年11月に帝王切開のため、左半身を下にして硬膜外麻酔を受けました。
出産は無事でしたが、2ヶ月経った今でも左臀部と左足のすねに不快な知覚異常が残っています。
左臀部は触っても感覚がないところがあり、ちょうど抜歯後の唇のしびれのようです。
左足のすねを触ると、足がしびれた時に触っているときの感覚のようです。
1ヶ月前、産科に受診したところ、産科のお医者様は、あまりそういうことは聞いたことがないとおっしゃり、麻酔科の先生に電話されたそうですが、神経が眠っていることもあるので、1年経っても治らなければまた受診してくださいとのことでした。
原因は何なのか、このまま放置していて治るのか心配です。
どうかアドバイスのほう宜しくお願いいたします。


拝見致しておりませんので一般的なことしか申し上げられないのですが、硬膜外麻酔や腰椎麻酔の合併症として稀ですがあり得ます。
針により神経根の損傷や留置硬膜外カテーテルの神経根部への迷入による損傷、出血による圧迫、腰椎辷り症や脊椎分離、椎間板ヘルニア、体位による圧迫などもあり得ます。
いずれの場合も長時間にわたる痺れ、知覚障害が残り得ます。
硬膜外ブロックによるこのような頻度は0.1%以下と思いますが、通常は1~4週間で元に戻ります。
それ以上かかる場合もあり得ます。
治療はやはり硬膜外麻酔(ブロック)で行います。
神経根部周囲への局所麻酔薬とステロイドの注入、ビタミンB群の内服、温熱療法などが考えられます。
ただ原因が硬膜外ブロックだとすると心情的にもう受けたくないと推測されますから、まずは温熱療法とビタミンで経過観察され、その間に腰部MRI検査も受けられてはいかがでしょうか。

▲UP

18 群発頭痛 45歳男性

1.45歳・男
2.2-3ヶ月に1回程度,激しい頭痛に襲われます。
吐き気を伴って丸1日,酷い時は3日ぐらい続きます。
MRI,X線CTによる観察では異常なしで,神経内科,心療内科では,群発頭痛,偏頭痛,三叉神経痛等々の診断結果ですが,結局原因不明です。
今までに,バファリン,ロルカム,ロキソニン,ミオナール,アモキサン,テグレトール,プレドニン,イミグラン,ボルタレンサポが処方されました。プレドニン,ボルタレンサポ以外は全く効果なしで,ボルタレンサポも効かない場合があります。
3.この種の頭痛は,友人にも多いのですが,誰に聞いても,原因不明と診断されてしまうとのことです。現代の医学ではやはり原因不明なのでしょうか。
また,内科では,これ以上の薬を処方することはできないと言われてしまうのですが,薬による対処方法はないものでしょうか。


群発頭痛の可能性が高いと思われます。
アルコールで誘発されることが多いのも特徴です。
頭痛発作時に酸素吸入も症状を緩和します。
イミグラン以外にレルパックスも試みる価値はあると思います。通常ペインクリニックでは偏頭痛、群発頭痛ともに星状神経節ブロックで治療いたしております。ペインクリニック受診をお勧めします。

▲UP

19 特発性肋間神経痛 35歳男性

35歳の主人のことです。
昨年春頃からうつ状態(緊張を伴う)で治療中ですがなかなか良くなりません。
それと関係あるかどうかわからないのですが、ここ1、2ヶ月肋間神経痛のような痛みが頻繁におき、つらそうです。
心臓などには異常はないと思われます。診ていただいている先生には肋間神経痛であれば心配ないと言われたそうですが、ペインクリニックでは痛みを和らげることはできますか?どうぞ教えて下さい。


原因不明の特発性肋間神経痛は大変珍しく存在が疑問視されております。
通常は何らかの原因(帯状疱疹、単純疱疹、脊髄や脊椎疾患、糖尿病、胸部内臓疾患、外傷など)の結果であることが多いと思います。
また交感神経の緊張は血管を収縮させ血流量の低下を招き肩や背中、胃や心臓の痛みの原因となります。帯状・単純ウイルス抗体価を調べて抗うつ薬投与、肋間神経ブロック、星状神経節ブロックなどによる治療が必要と思われます。
お気軽にご来院下さい。

▲UP

20 妊娠中からの痛み、なにしても直らない 34歳女性

34歳 女です。
平成13年12月に妊娠が判り、その頃より下腹部に痛みがあり、お腹が大きくなるにつれ痛みの範囲も広がりひどくなり予定日を待てず帝王切開にて出産しました。
痛みは、持続性で、背部にまで広がり、疼く、ひりひり、ズキン、締め付けられる、など今まで体験した事のない非常に不快な異常な痛みです。
各種検査は異常がなく原因不明です。
硬膜外ブロック、腹くう神経叢ブロック(局所麻酔薬)で一時的に楽になりますが、また痛くなってしまいます。
ボルタレン、テグレトール、ケタミン、キシロカイン、リン酸コデインなど効果なく、抗うつ薬を飲んでいますがあまり効き目がないようです。
痛みは自分で治すもの、楽しい事をするなどアドバイスはありますが、苦痛で寝たきりです。
なんとかできないものかと相談させていただきました。


拝見致しておりませんので一般的な話になりますが、一時的にでも硬膜外ブロックが有効ならば持続硬膜外微量注入法を試みる価値があると思います。
通常入院治療となりますが、入院期間は1~2週間と時限を決めて、持続注入とPCA(患者管理除痛法)を併用してみられては如何かと思います。
それでも痛みが継続する場合、脊髄レベル、大脳皮質レベルで痛みを記憶してしまっている可能性が高くなり、治療法は抗うつ薬が中心となります。
抗うつ薬にも色々と種類がありますので根気良くご自分にあったものを調べることも大切だ思います。
またアドバイスにありますように内因性のモルヒネ様物質の分泌を促すよう音楽、芸術、文学、趣味なども有効と思います。

▲UP

21 RSDの治療について 22歳女性

1.22歳・女性
2.スポーツにより両膝に違和感を感じたのが中学3年生の時でした。
それから今までに、両膝の円盤半月のope、両膝膝蓋骨亜脱臼のopeを受けております。
ope後は、亜脱臼に関する疼痛は軽減しましたが、疼痛が続き、血行障害、発汗があります。
先日麻酔科でRSDだと診断されました。現在硬膜外ブロックを週1回で受けております。硬膜外ブロックでは、治療後5,6時間は血行がよくなり楽だと感じるのですが、以降は元の状態に戻ってしまいます。
3.a)担当Drから"入院治療で長期間交感神経を眠らせてしまう治療"を勧められました。これは神経根ブロックと解釈してよろしいのでしょうか??
  b)Drには「1年近く効いている」と伺ったのですが、その治療を施して疼痛が軽減したとしても、しばらく経ってまた疼痛が出てしまうこともありえる事態なのでしょうか??
  c)難しい質問であることを承知でお尋ねしたいのですが、これまでにすでに8年間という時間が経っています。完治は難しいとお考えになりますでしょうか??


文面から察しまして、神経根ブロックでなく腰部交感神経節ブロックだと思います。
下肢の血行を改善する治療法としては最も理にかなった治療法だと思っています。
X線透視下で行いますが。ブロックが成功すると足がぽかぽかと感じて約6ヵ月から1年半ぐらい有効です。
その間、酸素や栄養を膝や下肢に送り込むことが出来ますので、自然治癒の可能性は大変大きくなると思います。完治は望めないかも知れませんが受けてみる価値は十分にあると思いますよ。

▲UP

22 ペインクリニックでの治療が不安 28歳女性

はじめまして。28歳.女性です。
相談内容は、ペインクリニックについてです。
2年前のスノーボードで首の左側面を痛めてしまい、病院でMRI.レントゲンを撮りましたが、異常は見られず、、今は、リハビリ(ホットパック、マッサージ、筋トレ)をしていますが、一年半程しても一行に良くならない為、ペインクリニックを進められ、2回受けました。
常時痛みがあるため、ペインクリニックで少しは良くなるのかと思いましたが、今現在、特に効果は出ていません。
(反対に注射したところが3日ぐらい痛い)
先生には10回ぐらいを目安にと言われましたが、原因がハッキリしてない事もあり、ペインクリニックを続けてよいものかなやんでいます。
ペインクリニックは治療として、効果的ですか?
リスクがあったりもするのでしょうか?
(悪化したり、炎症など)
*ペインクリニックを受けるにあたって、先生からは、何の説明 もありませんでした。


拝見致しておりませんので、一般的な意見です。
今まで二回ペインクリニックで治療を受けられたそうですが、どのような注射を受けられたのでしょうか?左頚部痛との事ですから、痛い場所に数カ所注射するトリガーブロック、首の前面付け根に注射する星状神経節ブロック、首の後ろから注射する頚部硬膜外ブロックなどが治療の主体となると思います。
今まで、レザー光線、キセノン光線療法、高、低周波療法、温熱療法等、マッサージ、筋トレ等を受けてこられたと思いますが、マッサージ以外は医療機関による差はほとんどなくて安全です。
一方神経ブロックは手技や合併症に対するトレーニングが必要で修得に時間がかかります。
その為に日本麻酔科学会指導医や日本ペインクリニック学会認定医があるのです。
そのような施設で治療を受けられるならまず安心だと思いますよ。
炎症はゼロに近いがあり得ます。
症状の悪化はまず無いに等しいとおもいます。慢性痛に移行されてる様にも感じられます。抗うつ薬も必須かとも思います。しばらく治療を続けてみられてはいかがでしょうか。

▲UP

23 吐き気はペインクリニックで直りますか?27歳男性

はじめまして。お忙しいところ失礼します。
私は27歳の男子です。
4年位前から、首の圧迫感と肩こりと喉に痰のようなものがからんで吐き気がつづいています。
それで、整形外科、耳鼻科、内科、診療内科へ受診しましたが整形では頸肩腕症候群と診断され、耳鼻科ではのどに異常はなし(慢性咽喉頭炎と慢性アレルギー性鼻炎と診断されました)、内科は総合的な検査をして異常なし、心療内科へは1年半以上前から診療を受けていて(不安神経症と診断されました)少しずつよくなっているという感じがしますが、完治とまではいきません。
また、緊張したりすると吐き気がでてきたりします。
この吐き気はペインクリニックで直るものなんでしょうか。
また、今のまま診療内科だけを受診した方がいいのでしょうか。
現在は、心療内科のみ受診しています。宜しくお願いします。


吐き気の原因は中枢神経、消化器、循環器、三半規管、内分泌、自律神経系、薬物の副作用以外にも多種多様で頻度は横綱級です。
佐藤さんの場合緊張すると吐き気が出るとのことですから、自律神経のアンバランスか心因性、条件反射などが考えられます。
診察致しておりませんのではっきり申し上げられませんが、星状神経節ブロックが功を奏する可能性はあります。
しかし診断病名によって保険適応は無理かもしれません。
すでにご存知かと思いますが左内関、合谷、巨闕、足三里などの指圧、エレキバンなども有効です。
その他、漢方薬、大・小トランキライザーなど薬物治療も一般的です。
心療内科の治療で症状がもし悪化するなら、一度ペインクリニック受診を考えてもいいと思います。

▲UP

24 耳鳴りとペインクリニック 65歳女性の相談

65歳の母のことで相談します。
一年ほど前から耳鳴りに悩まされています。
これまでに耳鼻科3件、神経内科1件でMRI、レントゲン等で検査を受けましたが異常なしとのこと。
現在、各種薬(アデホスコーワ腸溶錠、メチコバール錠、デパス錠、テルネリン錠、レンドルミンD錠)を飲んでいますが症状の改善は見られません。
新聞でこのような場合にペインクリニックを受診したほうが良いと載っていました。
すぐに受診した方が良いでしょうか? 治る見込みはありますか?


ペインクリニックでは耳鳴り、メニエール病、突発性難聴、顔面神経麻痺などに対して星状神経節ブロックを行っております。
有効性は個人差がありますが、直後に音が変化したとおっしゃる方が多いです。
他にも色々と治療法はありますが、10回を1クールとして試みる価値はあると思います。

▲UP

25 肋間ブロックについて 53歳女性の相談

53歳、女性です。今年の10月9日に左腹部から左腰部にかけて帯状疱疹にかかり、10月13日に近くの皮膚科を受診しました。ビリビリした神経の痛みが日ごとに激しくなり、11月4日にペインクリニックを受診しました。
硬膜外ブロックを1回、肋間ブロックを8回続けて受けました。また2週間位前から抗うつ薬を処方され、飲んでいます。主治医の先生には、治療を始めるのが遅かったことと、こじらせてから受診したことで、「快復しないかもしれない」と言われながら治療を続けています。
1つだけわからないことがあり、主治医の先生には聞きにくいので、教えていただければと思います。それは「左腹部と左腰部の痛みなのに、なぜ肋間ブロックなのか」ということです。ブロックを受けた直後でも痛みは消失しません。他の治療法はないのかと悩んでいます。
常にビリビリした痛みと感覚の麻痺(つぱったような感じ)が続いています。生活に支障をきたす状態で、つらい毎日です。おわかりになる範囲で教えていただければと思います。お忙しいところお手数ですが、よろしくお願い致します。


胸椎は12個あって、皮膚の神経支配は大体、乳頭で4番目、みぞ落ちで胸椎6-7番目、おへそで10番目です。
仮におへその帯状疱疹なら10番目の左肋間神経ブロックを行い、前後9,11番目の肋間神経ブロックを追加すると思います。
ブロックが効果の無い場合帯状疱疹後神経痛に移行してしまった可能性は否定出来ません。抗うつ薬の服用が主な治療となると思います。
硬膜外ブロックは第10-11胸椎間で行いますが主治医とよく相談なさってみては如何でしょうか。

▲UP